vol.5

A blendsディレクター三宅敬とも親交が深いスタイリスト橋本敦氏を招いて、今、気になることをインタビュー。
橋本敦さんとの対談はこれで最終回。今回は50代のファッションのアドバイスで始まります。その内容は濃く、ファッションを楽しむために日常生活をどのように過ごしたらいいかが説かれています。そして最後は洗濯!橋本さんも三宅も洗濯には並々ならぬこだわりをもっています。
最終回、必見です!

A blendsとは…?

「国・人・文化・トレンド・カラー・素材・アイテムを、 フィーリングやタイミングで程よくBLENDした集合体の(A=AND)融和」をコンセプトとし、40代から50代のかっこいいおじさん──「イケおじ」のリアルを、三宅敬が考える「今着たいモノ」「これから着たいモノ」「この先ずっと着たいモノ」をメインアイテムに提案するファッションブランド。

三宅 敬(みやけ たかし)

1967年2月生まれ神奈川県川崎市出身。20歳でモデルデビュー。その後、約3年間アメリカ ニューヨークに留学し、アメリカ西海岸で古着の買い付けなどを経験。 33歳からは約10年にわたりインテリアショップ『モダニカ』にてマネージャーとして務め、 ミッドセンチュリー家具の造詣を深めた。 現在は事務所兼ショップ『58』にて、読谷山焼「北窯」の製品を販売。そのほかに自身のリメイクブランド「サードハンズ」をデザイン。2019年1月18日より、自身がクリエイティブディレクターとして立ち上げるブランド『A blends』を、満を持して展開する。

橋本 敦(はしもと あつし)

1977年1月生まれ東京都出身。三田真一氏に師事。
1999年に独立後スタイリストとして活動をはじめる。ファッション誌・広告・ミュージシャン、俳優のスタイリングや衣装製作など多岐にわたるジャンルで活躍中。アパレルのブランディングアドバイザーやコンサルティングも手掛ける。オフは趣味のロングボードやゴルフ、スポーツ観戦など。

Vol.5 

~最終回~

三宅:そろそろ佳境。50代のオジサマたちにファッションのアドバイスをしてほしいな。

橋本:20代それから30代、40代、50代って自然の摂理に従ってどんどん体型が変わっていっちゃいますよね。ただ、それを隠す格好(ファッション)になってはダメだなぁと思いますよ。逆に言えば、洋服で体型を隠すこともできるんですが、今回この話は置いておきましょう(笑)。ファッションを幅広く楽しむならば過剰じゃなくて程々でいいので、ある程度運動やトレーニングするなりしてサイズ感を維持していったほうが良いんじゃないかと考えています。もちろんそんな努力しなくてもファッションは楽しめるんですが、せっかくなら色々な選択肢を持つ意味でも楽しめた方が良くないですかぁー(笑)、というあくまで個人的な見解の上で話ができればなと思っています。

三宅:まず、服を着るための体作りだったり、その体作りをしているからこそ色んな服を楽しめるっていうのがまずあるよね。

橋本:はい、あると思います。一般論としては年齢や世代に限らず、異性や、同性からもある程度はいいように見られたいという欲求があると思うんですね。そこで質問にある50代こそ自然にカッコよく見えていて欲しいですし、スタイルのある着こなしができている事が理想ではないかと思ってます。例えば、スーツはきちんと着こなしていて欲しいですよね。いい歳になってもネクタイひとつ結べてない人をみかけるので、ちょっとしたことに気を配るだけで印象がよく見えると思いますよね。着方や結び方が分からないなどなど、出来ないままにしないことが大事ですね。ほんの少しのことが素敵に見えるきっかけじゃないかなと思っています。

三宅:なるほどね。確かにね。

橋本:運動やトレーニングも大事ですが、まずは身近な食事に関してもある程度気を付けたほうがいいと思います。いくら服で装っても健康的に見えるかどうかはファッションの話以前の問題ですよね。僕は必ず朝ごはんを食べるのですが、ほぼ同じものでルーティン化しています。個人的にはその方が何も考えないで楽なんですよね。昼も誰かしらとランチしたりする時以外は、基本ひとりなので行きつけのお店のお弁当を事前にリクエストして車中飯する事が多いです。仕事上外食が多くなりがちなので、なるべく良いものを摂るように心掛けてます。食からの体の気をつけ方っていうのも50代でファッションを楽しむためには重要なことではないでしょうか。気持ち的にはアメとムチが必要かなって思います。僕自身そうでしたが、年齢を重ねるとどんどんアメの割合が増えていくじゃないですか。ムチをいれるタイミングこそが重要なポイントで、それが結果良いバランスにつながっていくのではと思います。
例えるなら既製品をそのままか、ちょっとした修理で素敵に着れるくらいの体型維持が一般的にちょうどいい塩梅というかオススメだと思っていて、自分に似合うブランドを知るっていうのも大人な選び方ではないかと思います。とは言え自分もまだ40代半ばなので、実際に50代の人が何を求め考えているか、色々な声を聞いてみたいですね。

 

三宅:洋服をちょっとした修理で着れる体型を維持するっていうのは本当に大事だと思うよ。50代になったら既製品をそのまま着るより、自分の体型に合わせてちょっと手を入れて、自分用にカスタマイズしていくっていうのはまたファッションの楽しみでもあるからね。それは全部に直しをいれるっていうのとはまた違うからさ。自分に合ったブランドを探して、そこのものにちょっと手を入れて自分仕様にする。きっと楽しいよね。そしたら昔着てた、まだ手つかずの既製品を直すことでまた蘇って着れるかもしれないし。でも一般的な修理やだと古着は直してくれなくてさ。けどベイクルーズのリフォーム屋は何でも修理してくれるんだよ。便利だよ。50代の味方かもね。

橋本:僕も何度かベイクルーズのリフォームにはお世話になりました、とても上手に仕上げてくれますよね。
良きタイミングあれば、三宅さんのブランドで何かコラボやらせてもらいたいなぁって思ってます。そこで、パッと浮かんだのが三宅さんのイメージもあるのか「カットソー」と「ダウンジャケット」でした。例えばその分野に特化したブランドさんとのコラボレーション企画など興味あります。クオリティはもちろんだけど、ちょっと気が利いたデザインとか入れたり….アイデアはいくらでも(笑)。A blendsが好きな人に届くようなプロダクトを提案したいです。面白そうじゃないですか?

三宅:そうなんだよ。ダウンは少し前からやりたいって話はしてるんだよ。F/CEさんとか一緒にやってくれないかな、って。ていうか、あっちゃん色々やろうよ(笑)。我々がやっていることの方向性とか、あっちゃんがいたら整っていくんだよ。色んなところとコラボレーションして、良い関係性を作っていきたいなとは思ってるんだよね。あっちゃん、クリーニング屋やったらよさそうだよね。周りの人から言われない?

橋本:なぜか、それよく言われます(笑)。そういうイメージがあるんですかね?実際、自分の服を出す際はこだわってるのかもしれないです。アイロンに関してもよく言われるんですよ、こだわりとかあるんじゃない?って

三宅:やっぱりね(笑)!アイロンって何使ってる?ティファールのアイロンっていいよね。

橋本:ティファールいいですよね、すごく使いやすい!僕は仕事用には台アイロンはティファールを2種類使ってます。スチームアイロンは、アサヒテクニクスとツインバードを使い分けてます。ティファールのスチームもいいと聞くので機会があれば使ってみたいです。他にもオススメあれば色々メーカー別で使い比べてみたいですよね。きっとあると思うんですよ、他にもいいのが(笑)

三宅:海外のものとか、業務用のものって威力がすごいやつあるよね。業務用でガンついているやつあるでしょ?知ってる?スポットでシミ抜けるやつ。あれはいいよね。赤ペンとかのインクが付く時とかあるでしょ。そんなときでも一発よ。シミ抜き用の液体を入れて使うんだけど、輪ジミにもならなくてさ。

橋本:そんなのあるんですか?…というか、個人的に相当興味あります…。アイロン、スチーマー談義だけでひと盛り上がりしちゃいそうなんで話戻します(笑)。洗濯のこだわりは他人より強く持ってると思います。

三宅:そうでしょ(笑)。面白い人達がいてさ。洗濯ブラザーズって知ってる?サーファーつながりで知り合ったんだけど、クリーニング屋の人たちで、ウェットスーツを洗いたいって発想から自分たちで洗剤とか作ってる人たちなんだよ。ウェットスーツって普通の洗剤で洗うと必要な油が抜かれちゃってウェットスーツとしての機能が失われちゃうんだけど、その洗剤はウェットにも使えるんだって。そういうアプローチで色んな洗剤や洗剤にまつわるものを作ってるんだよ。洗えないものをゼロにしていきたいんだって。

橋本:その人たちにはすごい興味あります…(笑)。

三宅:そうなんだよ。その人達はそういったことも考えていて、この洋服にはこのやり方、っていうプロセスを作ってるんだよね。ファッションもここまで突き詰めていくとまた違う面白さが発見できてどんどん楽しくなっていくよね。その人達に縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違いとか聞いたんだよ。というのも、最近ドラム型洗濯機に変えたら洋服がゴワゴワして傷んでる気がしたんだよ。その疑問をぶつけたら一発で答えが返ってきたよ。

橋本:自宅の洗濯機を最近ドラムから縦型に変えたんですが乾燥が弱いんですよね。ドラムと縦型の違いってなんなんですか?

三宅:それがさ、水の違いなんだって。ドラムってもともとヨーロッパのほうで使われるものだったでしょ。あっちは硬水なんだよね。だからたたき洗いのほうが汚れがよく落ちるみたい。日本は軟水だからもみ洗いのほうが汚れがよく落ちるから縦型のほうがいい。形と水のマッチングって重要で、それが合わないと洋服に洗剤が残って傷んだりしちゃうらしいんだよ

橋本:なるほど。ますます洗濯ブラザーズに興味が湧いてきました(笑)。

三宅:こないだ面白いことがあってさ、パリ出張の時に日本から自分が使っているシャンプーを持っていったんだよ、そしたら全然泡立たなくてさ。で、帰国した時に美容師さんに聞いたら水が合わないから日本のシャンプーは海外で使わないほうがいいんだって。その土地のものを使った方が水とマッチしているからよく泡立つらしいよ。地域の水によって色々影響があるんだなー、って。だから洗濯ブラザーズの洗剤使ってみてよ、すごいいいよ!リブレっていうブランドで洗剤を売ってるんだけど、そことコラボしてA blends用に洗剤キットとか作ってもらいたいな、って思ってるんだよ。究極、何でも洗えるようにするってすごいよね。ニットとか困るじゃない。

橋本:確かに自分の服をクリーニングに出す時は、ひとつひとつ相談して出しています。デイリーなものはここ、スーツならあそこ、シミがついてしまったらここに、着用頻度の低いものは保存用に型紙作ってくれるところみたいに…、お店はいくつかを使い分けてますね。

三宅:ムートンって洗うことできないじゃない。フレッシュナーはあるけど。これを洗濯ブラザーズに話すと、洗いたい!!って(笑)。

橋本:洗った後にどれくらいレザーが復活するか是非見てみたいです。

三宅:ムートンブーツって裸足で履くものだからそもそも不衛生なんだよね。それがフレッシュナーだけだったらやっぱり心もとないじゃない。洗えたらそれは画期的だよね。男の洗濯ってやっぱりこだわりあるよね。

橋本:洗濯もそうですけど、掃除に関しても気になることが多いですね。特に浴室。自分だけじゃどうしても取り切れない汚れとかあったりするんで、年に1回は必ずプロの掃除屋さんにお願いして徹底的にキレイにしてもらうんですよ。半端なくキレイになります(笑)で、いつも聞くんですよ、その洗剤はなんですか?って、もちろん教えてくれませんが…。

三宅:我々の世代でも昔はヴィンテージのジーンズを洗うのか洗わないのか論争ってあったじゃない。こだわってたよね。

橋本:そうですね。自分は履き倒して臭くなったらお湯で洗っていました。デニムの耳が片倒れしないように、お湯の手押し洗いしてましたよ。そのやり方が本来正しいのかなど考えることもなく先輩方に言われるがままに。

三宅:そんな感じだよね。後輩が母親にヴィンテージを洗われちゃったみたいでさ。すごいがっくりきてたのを覚えてるわ。柔軟剤いれちゃったとか、さ。

橋本:昔からよく聞くネタですよね、破けているデニムをおばあちゃんが直しちゃってた、とか(笑)。自分は親には触らせなかったのでそんなことはありませんでしたが….。ここまで色々脱線しながら(笑)何回かに渡って長々と話をさせてもらいましたが、こういう感じで色んな角度からものを見れる自由なコンテンツって楽しいですね。今後も色んな展開が期待できそうですね。

三宅:そうだね、これから枠にとらわれないコンテンツ作っていきたいと思ってるから、あっちゃん、これからもたくさんよろしくね!

橋本:是非!まずは洗濯ブラザーズに会わせてください(笑)!

END.

今回を機に橋本さんとの取り組みがスタートするかもしれません…。今後のA blendsからも目が離せません!