vol.4

A blendsディレクター三宅敬とも親交が深いスタイリスト橋本敦氏を招いて、今、気になることをインタビュー。
今回は無類の靴好きのふたり、橋本さんと三宅の靴談義。
ハイテクスニーカーを履けるかどうか、から始まり、ニューバランス遍歴や靴を選ぶポイントまで、熱く、そして深く語ってます!
「おしゃれは足元から」なんて言いますが、これを見ていただけるとそれがあながち間違ってないと納得していただけるはず。
橋本さんと三宅のSHOE TIME、スタートです!

A blendsとは…?

「国・人・文化・トレンド・カラー・素材・アイテムを、 フィーリングやタイミングで程よくBLENDした集合体の(A=AND)融和」をコンセプトとし、40代から50代のかっこいいおじさん──「イケおじ」のリアルを、三宅敬が考える「今着たいモノ」「これから着たいモノ」「この先ずっと着たいモノ」をメインアイテムに提案するファッションブランド。

三宅 敬(みやけ たかし)

1967年2月生まれ神奈川県川崎市出身。20歳でモデルデビュー。その後、約3年間アメリカ ニューヨークに留学し、アメリカ西海岸で古着の買い付けなどを経験。 33歳からは約10年にわたりインテリアショップ『モダニカ』にてマネージャーとして務め、 ミッドセンチュリー家具の造詣を深めた。 現在は事務所兼ショップ『58』にて、読谷山焼「北窯」の製品を販売。そのほかに自身のリメイクブランド「サードハンズ」をデザイン。2019年1月18日より、自身がクリエイティブディレクターとして立ち上げるブランド『A blends』を、満を持して展開する。

橋本 敦(はしもと あつし)

1977年1月生まれ東京都出身。三田真一氏に師事。
1999年に独立後スタイリストとして活動をはじめる。ファッション誌・広告・ミュージシャン、俳優のスタイリングや衣装製作など多岐にわたるジャンルで活躍中。アパレルのブランディングアドバイザーやコンサルティングも手掛ける。オフは趣味のロングボードやゴルフ、スポーツ観戦など。

Vol.4 好きモノ同志の靴談義

~基本的には自分が経験したカルチャーの靴しか履きません。靴に合わせて洋服のコーディネートをすることも少なくないです~

橋本:三宅さんと僕の靴のフィーリングが結構近いと言うか、似ていると勝手に思ってるんですけど、やっぱりスニーカーはコンバースかヴァンズが多いですか?

三宅:なんだろう、そこに落ち着いちゃったんだよね。自分はアメカジ世代だからハイテクがすごい苦手だったんだよ。エアマックスが流行ったときとか、この流行に乗っていいのかなー、って。

橋本:その感覚、今の自分にも似たようなのがありますよ。今流行りのとあるスニーカー、これは僕が履く時くるのかなーって。一度履いてみたい、っていう気持ちはあるんですけどそれって履き心地を体感したいっていう気持ち程度だから。ただ買いたいか、って言われるとまだ決め手がなく。よく行くショップの馴染みのスタッフさんに行くたびに勧められるんですよ。橋本さん、1回だけでいいのでぜひ履いてみてください!、って。無駄買いはしたくないのもあり、未だ決め手がなく買うに至ってないです(笑)。

三宅:あのシューズ、履いている人多いよね!自分は、不格好だなー、ってのが初見の感想。誰が履くんだろうって思ってたんだけど、後輩のブランドがコラボレーションしていて片方ずつデザイン違いでリリースしていたのよ。ああ、これだったら履きたいなって初めて思った。だからそれは持ってる。そういうデザインが入ればソールの分厚さと履き心地について抵抗感はなかった。そのモデル自体、ソールがそんなに厚くなかったからかもしれないけどね。

橋本:なるほど(笑)実際僕も何度か仕事では使ったこともあります。スタイリッシュに上手に履きこなしてる人を見かけると、ファション的にバランス良くまとめやすい靴なんだなとは気になっていました。だから自分もファッション的感覚で履ければいいな、って思うんですけどね、、、この手のハイテクというか、流行りの靴は何故だか似合わないと思ってしまう、どこか苦手意識があるんでしょうね(笑)

三宅:わかる!それはわかる!!そういうことだよね。
惑わされることは多いよね。LAに行くとハイテクスニーカーを履いたすごいかっこいいおじさんたちがゴロゴロいるわけよ。外からみてると、いいな!!って思うんだけど、自分が履くとやっぱり違う。あのアイテムって人によって差がめちゃくちゃ出るね。自分が履くとどんくさく見えてしまって、やっぱり無いんだなって思う。

橋本:仕事上の提案はいくらでもできるんですけど、自分自身に対してはそうですよね。今日履いているコンバースは先日LAで買ってきたモノなんですけど、この手のモノは飽きずにずっと履いてる気がするんですよ。だから買っちゃう。なんででしょうね、似た靴ばっかり(笑)。
あっ、また話が逸れちゃうんですけど、ABCマートで売っているスニーカー用の消しゴムがあるんですけど、ソールをキレイするやつ。すごい勝手がいいんですよ、三宅さん知ってます?

三宅:知ってるよ!すごいよね、性能が。レジ横においてあるアレだよね。

橋本:それですそれです!流石知ってますね(笑)スニーカーをキレイに履きたいっていうの、ありません?これでソールをキレイに、革靴の手入れと同じような感じで。

三宅:履いている靴、いつもキレイだね、って思われたいよね。

橋本:わかります!ただ例外的に、きったないコンバースやヴァンズが似合う人っていますよね。若い頃はそういう履き方や、見え方したいなって色々トライしたものの、結局自分的にはわざとらしく感じてしまい落ち着かず、なんか違いましたね(笑)。

三宅:憧れと自分を比較すると、なんか反比例しちゃうことってこの業界に身を置いてるとあるよね。

橋本:すごいわかります、その反比例感(笑)。

三宅:いつも汚いコンバース履いている知人がいて、自分にはその履き方は絶対できないけどその知人は似合ってるのよ。ポイントじゃなくて全体のバランスをみたときに、キレイなもの履いてるより汚いもの履いてるほうがしっくりきてるんだよね。グランジ感っていったらわかりやすいかな。自分はキレイなものしか履かない信念は持っているけど、それを見ると憧れは持っちゃうんだよね。

橋本:確かにそうですね。自分もキレイに履いてる方が落ち着きます。昔と今の違いって「あー見えたい」「こー見えたい」っていうのが無くなったことかもしれない。人それぞれキャラがあってのことですよね。過去を振り返って思い起こすと面白いですね。

三宅:それがその人のアイデンティティじゃない。キャラクターというか。靴の話で盛り上がったから、このまま靴の選び方って流れにいこうか!似合う似合わないの基準っていうか、どういう感じで選べばいい?

橋本:うーん基準ですよね?難しいなぁ。仕事の面では相手とセッションしていく中で大体把握できてくるので、その人に似合う、似合わないっていうのは感覚でわかってきます。これはあくまで主観的な目線、仕事上の話であって、個人的には履きたいものを自由に選ぶ、でいいと思いますよ(笑)。
例えばニューバランスの選び方でいうと、基本がジョギングベースなのでジャンルの幅は大きくないけど、モデル別で細かくディテールの違いがあって人によって選ぶ型に各々個性が出て面白いブランドですよね。ちなみに僕は1300、1700がデザイン的には好きで、以前1700のノンネイティブ別注で1300カラーっていうのがあったんですが、それは今でも気に入ってます。ただトータル的にはしっくりきてよく履くのは998かなぁ、ヘタレば買い替えも出来るし。まずは好きか嫌いで選んで、色々履いた結果似合う似合わない、合わせやすい合わせにくいを繰り返しているうちに自然と精査されてるんだと思います。話は戻り、先ほどの繰り返しになってしまいますが、スタイルやバランスを良く見せたいって事の似合う似合わないであれば主観的にアドバイスできても、履く人の満足するポイントが、似合う似合わないではなく、うんちくを分かってる分かってないや、価値があるないなど違う視点となると客観的な話なので難しいですよね。何を基準に考えるかで選び方は変わってくると思います。ベラベラ色々言いましたが、全く答えになっていないですね、、、すいません。

三宅:それって、今まで何度も履いてきてるからわかることだよね?

橋本:はい、、、そうですね。僕は失敗は結構重ねています(笑)。浪費と失敗が今の自分を作ってますね、それは間違いないです。

三宅:オレもそんなもんだよ。結局色んなところに手を出すじゃん。大抵のブランドって、1つのブランドに対してフラッグシップというか、このブランドはコレだよね、っていうのがひとつあった。例えばニューバランスだと1400、けど、それを1回知るとアウトローなことがしたくなるクセあるでしょ?みんなが996っていう方向に向いているときに、いやいや1300でしょ、って主張したり。そこで1300っていいんですね、って言われるのって快感だったりするじゃん。

橋本:わかります(笑)。最近は990 V5もリリースされ、990シリーズは引き続き流行ってますけど、自分はこのあたりは全然似合わないので。でも似合う人が履いていると、あ、いいな、って。シューズを選ぶコツっていうのは、結局自分の中で失敗など繰り返して似合う似合わないって分かっていくんでしょうね。でも、なるべく失敗したくなければ人に客観的な意見を聞くとかね。選ぶものって自由でいいと思うんですけど、それが分からないから悩むんでしょうね。もし自分に聞かれたら、僕の主観的な意見で良ければいつでもアドバイスしますよ(笑)。

三宅:だけど世の中の人ってそこがわからないから誰かに意見を求めちゃったりするじゃない?

橋本:そうですよね、安心感も欲しいだろうし。悩んだら、やっぱ人に聞くっていうのがいいと思いますよ。もし詳しい人が周りにいないのであればショップに行ってスタッフさんと話をして、そこでアドバイスをもらうことがいいんじゃないかな。相談しながら選べるのは、ネット販売にはない良いところでもありますよね。ニューバランスは40代、50代の着こなしに合わせやすい靴だと思います、ファッションに取り込みやすいというか、合わせれる服の幅が広いというか。

三宅:スーツにもいけちゃうしね。一時期グレートーンものの爆発ってすごくて、それから流れが落ち着いてきて、そうすると色使いが上手になってきてまた盛り返してきてるじゃない。必ずNマークが入る、あのデザインがオトナに安心感を与えるよね。ナイキじゃそうはいかないもん。履ける履けないがはっきり分かれる。

橋本:ブランド毎に様々なブランディングがあるけれど、ニューバランスは分かりやすくていいと思います。他には僕は個人的にナイキも好きでよく履きます。デザインの感度が高いというかブランディングコントロールが上手だなぁと。自分たちの客層をわかっている感じがします。

三宅:そういえばあっちゃんってスリッポンをよく履いている気がするんだけど、気のせいかな?

橋本:確かに(笑)言われてみると多いかもしれないです!自分がスリッポンの合わせが好きなのって、学生の頃のコムデギャルソンやヨウジヤマモトの影響が強い気がします。

三宅:DCブランドの絶頂期の時のコムデギャルソンって、白か黒のコンバースしか履くな!、って暗黙のルールみたいなのがあった時代があったよね。他のブランドがほとんど革靴なのに、コムデギャルソンはコンバース。そこがめちゃくちゃかっこよかったね。

橋本:そうなんですね、知りませんでした。確かに今、ブランドが溢れていて新しいブランドがいくつもある中で、そのブランドの足元の提案って結局ヴァンズかコンバース(タイプ)が大半ですよね。この流れって三宅さんが言うようにコムデギャルソンが作った流れなのでしょうか。

三宅:そうなんだよね。結局ヴァンズかコンバースで最終着地することが多いと思うよ。そういう流れになる前からオレはヴァンズが好きでさ。先輩がこぞって履いてて、それがまたカッコよかったんだよ。ヴァンズってやっぱりスケーター寄りだったから、ルーズなものとの相性がすこぶる高い。それがクールに見えて当時、白のスリッポンを履いてたんだけどバカにされたよ、ドリフシューズか、って(笑)。

橋本:当時ってその印象ありましたよね。黒がドリフで、白が掃除屋さん、そんな印象でした。

三宅:宿直のおじさんがネイビーのスリッポン履いてたりね。

橋本:まさに(笑)。90年代後半の頃にA.P.Cが別注で何とも言えない絶妙なライトブルーのスリッポン出してたんですよ。それをかっこよく履いてる友人のモデルがいて、真似て履いてみたんですけど、、、やっぱり自分は宿直のおじさんでしたね(笑)。と、こんな感じで、自分に似合う似合わないの基準は数々の失敗が元にあるんだと気付かされますね。

三宅:わかる!サーフィンの先輩がop(オーシャンパシフィック)のショーツにスリッポン合わせてて、それがめちゃくちゃかっこよくてさ。だから翌日に制服にスリッポンで行ったわけ。そしたらめちゃくちゃバカにされたよ!自分の世代って他の世代に比べてヴァンズ、コンバースが好きな人ってすごい多い気がする。だから定番のモデルのラインナップって大体わかってるから、見たこと無い色や素材のモデルを見ると大体聞いちゃうんだよ、それって別注だよね?どこの?って。下北沢で見つけたスエードのスリッポンは破けるまで履いたなー。当時と今の靴への価値観って変わっているようで、根本は変わってない。いろんな旅をするんだけど、結果行き着くところが一緒。これだけ靴好きだからさ、あっちゃんもあると思うけど、この靴を履きたいからコーディネートはこれ、って合わせかたしたりしない?

橋本:全然しますよ!ただ今日のコーディネートは逆からで、このNハリウッドのパンツに合わせる靴を探していて、裾の収まりがバッチリはまってこれを選びました。裾の収まり方はとても気にしているポイントです。以前からここのパンツは、自分のワードローブと相性が良くて毎シーズン何本か買っています。こういう自分のサイズ感と合うものを見つけると、安心感もあり追加でオーダーすることもよくありますね。

三宅:最近自分の中で流行っているのは全身黒で、靴だけド派手っていう。最近はピンクを買ったりしてるんだよ。

橋本:へぇーそうなんですね、三宅さんってそういうコーディネートがハマりますよね。だからこそ足元が目立って、まず気になるのが、その靴どこの?ってなるんです。見たこと無いものが多いんですよホント(笑)。

三宅:たぶん、人気無いものを選んでるからわかんないんだと思うよ(笑)。

橋本:現行にはないデッドストックだったり、マニアックな別注だったり(笑)しますよね、きっと。だから派手よりも、どこの靴?っていうのが先にきちゃうんですよ。

三宅:さっき、サイズ感の話をしてたけど、サイズの観点で自分に合うブランドってあったりするのってよくわかる。その選び方って結構的を得てたりするから、一般の人でも取り入れやすい選び方だったりしない?

橋本:そうですね。洒落て着たいならサイズ感は大事です、それが合うブランドとなるとなかなか見つけるのも難しいとは思いますが、そこは根気よく探すしかないですね。サイズ感大きめに着るとかであればいいですが、それなりの年齢になってくるとルーズ過ぎる訳にもなかなかいかない場面も多いと思うので。あとは、サイズ合わないけど着たいものがあればサイズを直して着ることも多々ありますよ、ある程度自分のサイズに直して着るのは多少高く付いちゃいますがオススメしてます。

三宅:好きなのと似合うのって、また違ったりするもんね。

橋本:確かに好きなのと似合うのって違いますよね。例えば、このブランド自体は好きなんだけど、サイズ感合わなすぎて着れない(=似合わない)とか全然あります。自分は背格好がいいわけではないので、サイズ感の気遣いは常にしてます。