A blendsディレクター三宅敬が今、1番気になってる人、レザーバッグブランドSEEKER(シーカー)のディレクター・徳祥平にインタビュー。
大手セレクトショップとの別注や、著名人とのコラボレーションなどで今、勢いあるレザーバッグブランド【SEEKER】。
今回はクリスマス直前企画「A blendsのクリスマスはSEEKERを贈ろう!」
クリスマスプレゼントにうってつけのSEEKERのTOP3を三宅と徳さんがみなさんに教えちゃいます。
女性にもきっと役立つ情報満載!クリスマスプレゼントでお悩みのあなたには参考書になること間違いなし!
ぜひ御覧ください

A blendsとは…?

「国・人・文化・トレンド・カラー・素材・アイテムを、 フィーリングやタイミングで程よくBLENDした集合体の(A=AND)融和」をコンセプトとし、40代から50代のかっこいいおじさん──「イケおじ」のリアルを、三宅敬が考える「今着たいモノ」「これから着たいモノ」「この先ずっと着たいモノ」をメインアイテムに提案するファッションブランド。

三宅 敬(みやけ たかし)

1967年2月生まれ神奈川県川崎市出身。20歳でモデルデビュー。その後、約3年間アメリカ ニューヨークに留学し、アメリカ西海岸で古着の買い付けなどを経験。 33歳からは約10年にわたりインテリアショップ『モダニカ』にてマネージャーとして務め、 ミッドセンチュリー家具の造詣を深めた。 現在は事務所兼ショップ『58』にて、読谷山焼「北窯」の製品を販売。そのほかに自身のリメイクブランド「サードハンズ」をデザイン。2019年1月18日より、自身がクリエイティブディレクターとして立ち上げるブランド『A blends』を、満を持して展開する。

徳 祥平(とく しょうへい)

1982年、大阪府茨木市生まれ。
2012年に自身のレザーブランド、「SEEKER」をスタートしデザイナー兼、ブランドディレクターを務める。
現在では多くのセレクトショップとコラボ企画を行い、ブランドと自身の可能性を着実に広げ、業界内でもその評判は◎。

もうすぐクリスマス!またこのシーズンがやってきました。
プレゼント向きのレザーバッグや財布にトレンドってあるの?

三宅:今年ももう終わりだね。この歳になると本当に早く感じちゃう。ここ数年、この時期はいつも焦ってる気がするんだよ。もう1年が終わっちゃう、って。年賀状書いたりとか、年末の恒例行事っていうのも無くなってきてるから年末年始の感覚っていうのも薄れてきてる気がするね。大晦日や正月の渋谷とかって人が極端に少なくなるじゃない。そのタイミングの東京の繁華街って好きなんだよ。

:三宅さん、今回のテーマがクリスマスなので、ちょっと時期が行き過ぎです(笑)

三宅:おっと。またいつもの脱線コースになりそうだった!危ない危ない。クリスマスのタイミングで財布変えるのって、年末ってこともあるし、気持ち的にも切り替える時期だからいいよね。それに今年は元号が令和に変わった元年じゃない。そういうときに財布変えるのはいいことだよ。財布は特に人から貰うのがいい、って言うじゃない。相手のことを色々考えてプレゼントすると思うんだけど、レザーグッズのプロの徳くん、財布にトレンドとかあるのかな?というのも、自分の持ち物が以前からかなり変わってきてね。元々長財布を持つタイプだったんだけど、キャッシュレスの波に押されて今はカードケースのみで生活できるようになってきたんだよ。だから今はコンパクトな財布のほうが喜ばれるんじゃないかな、って思ってるから聞いてみたくてさ。

:三宅さんのおっしゃる通りで、別注先のセレクトショップさんとか、卸し先さんに話を聞くとカードケースにちょっと無理してお金を入れたりとか、全体的にコンパクトになっていることは間違いないんです。ただ、やっぱりバッグの中に長財布があったり、お金にある程度余裕が出てきているおじさま方には長財布とコンパクトな財布を使い分けしている人の方が多いですよ。都心の人はキャッシュレスで生活できる環境があるのでコンパクトになってますけど、地方でキャッシュレス環境がまだ不完全なところってまだまだ多くて、そういうところでは長財布持っている人のほうが圧倒的に多いですね。

三宅:そう、そうなんだよ!こないだ大分のほうに出張があったから行ってきてさ、やっぱり癖で人のファッションや持ち物を見ちゃうんだけど、地元の人は長財布の割合が断然多かったよ。そのうちキャッシュレスの波がそういう地方にも届き始めるから変わり始めるだろうけど、現状はそんな感じだった。普通の生活送っていればキャッシュレスで生活できるんだけど、地方の夜の飲食店なんかはまだまだ現金だけのところが多いからね。

:キャッシュレス決済でもできないものもあったりしますからね。交通系ICはほぼ問題なく使えますけど、QUICPayやiDは使えないですよ、とか。

三宅:そうだね。だから地方や飲みに行くときは現金持ち歩くことが多いだけど、自分が貰って今嬉しいのはやっぱりカードケースかな。いや、違うな。カードケースは自分で買うから、長財布を貰ったほうが嬉しいな。だからプレゼントには長財布がいいんじゃない?

:確かに言われるとそうかもしれないですね。カードケースとか、コンパクトな財布は自分で勧んで買いますけど長財布ってもらったほうが断然嬉しいですね!じゃあ、今、A Blendsのサイトで扱っているSEEKERの財布、バッグのクリスマスプレゼントオススメTOP3を決めていきましょうよ!

SEEKERオススメTOP3の第三位は!

【マネークリップコンパクトウォレット】SKW-014404 ¥9,800(税抜)

SEEKER シーカー カウレザー 二つ折り マネークリップ
SKW-014404
¥9,800(税抜)
縦:11cm 横:9cm 厚み:1cm

三宅・徳:一緒ですねー!(笑)

三宅:正直、自分が使いたい財布としては1位なんだけど、オススメってことだから敢えて3位にしとく(笑)。今、自分が一番使いたいのはマネークリップだね!あと、少しカードが入ればOKだからこれがちょうどいい。だから最近面倒くさいのが小銭の扱いなんだよ。

:そうなんですよ!だから最近は小銭貯金始めたんです。三宅さんに倣ってですけど(笑)。帰宅したら玄関の貯金箱にジャラって入れるんですよ。最近貯まってきましたよ。この財布の良さはこの対談の冒頭でずっと言われている“コンパクト”だということ。あと、マネークリップの粋な感じ。マネークリップって流行る時と流行ってない時の差が激しくて、最近また需要が増えてきてるんです。

三宅:スマートだよね。お札とカードだけ。コレってICも問題なく使える?

:使えますよ!薄いんで後ろポケットに入りますし、カードの収納数は普段使いであればまったく問題無いですし、男性にはかなり好まれるタイプの財布だと思います。

三宅:あとは使っている姿がカッコいいよ!会計の時にサッとこれを出すと絶対に「何、その財布!?」ってなるじゃない。お札を出すときもスマートだし、みんな真似したくなるんじゃない?

:マネークリップの一番の売りはそこなんですよ。カッコよくて、スマート。程よい収納力っていうのも、実はポイントだったりしますよ。収納力多すぎるとほいほい何でも入れちゃうから財布が膨らんじゃって不格好になるんですけど、これくらいスマートな財布だったら財布の整理が習慣づくんですよ。いつもカッコよく使えます。

三宅:なるほど!ミニマルの完成系だ。出張の時、ホテルチェックインして夜19時にロビー集合でごはんを食べに行く、っていう時にこれくらいの財布にちょっとお札入れて、カード2、3枚持ってヒップポケットに入れて部屋を出て、出かける。これってスマートだよね。今度してみようかな(笑)

第2位はふたりともバッグ!

【カウレザートートバッグ(三宅)】SKB-017VL1 ¥14,000(税抜)
【4WAYカウレザービジネストートバッグ(徳)】SKB-018SD2 ¥19,000(税抜)

SEEKER シーカー VALUE カウレザー トートバッグ
SKB-017VL1-CAM
¥14,000(税抜)
幅:46.5cm 高さ:31cm マチ:11.5cm 持ち手:52.5cm 重量:820g

SEEKER シーカー SWORD 4WAY カウレザートートバッグ
SKB-018SD2-BK
¥19,000(税抜)
幅:47cm 高さ:31cm マチ:12cm 持ち手:62cm 重量:1450g

三宅:徳くんが選んだ4WAYもいいんだけど、これくらいシンプルなほうが自分好み。なんか、気を使わないっていうか、気軽な感じ。シンプルな作りだったら何でも放り込めるじゃん。ポーチとかで整頓してる人もいるけど、自分はバンバン放り込むタイプだからさ。だからたまに悲惨なことになってたりするけどね(笑)。ハンドクリームのフタが開いて中身出てたりさ。。。だからまず、ホテルに着いたら一番にベッドの上にバッグを逆さにして中身をガチャガチャって一気に出すっていうのが恒例行事。何でも突っ込んじゃうから同じモノがいくつも入っていることなんてザラにあるよ。かなり昔の話だけど飛行機の検査のところで引っかかって何かと思ったらライター5個も入ってたり、ホテルで恒例行事をすると顔拭きシートが3パック出てきたりさ(笑)。みんながみんな整頓している人ばっかりじゃないからさ、自分みたいなバッグの使い方するんだったらこれくらいシンプルなバッグがいいと思うな。

:僕がオススメするバッグはコレひとつあれば色んなシーンで使える、って便利バッグ。内側にクラッチにもなるポーチが入っているので整頓できる機能にプラスして、持ち物が少ない外出であればクラッチひとつで済みます。さっき三宅さんが話してたホテルから外出するシチュエーションでも使えますよね。今、いくつもバッグを持ってる人って少ないので、これさえ持ってればビジネスもプライベートも事足りる、そういうオールマイティなバッグがこれですね。

三宅:それは便利だね。その機能はメンズにはすごいありがたい。ファッションの仕事してると靴って荷物になるから困ること多くない?

:これは順位とは違う部分なんで余談なんですけど、そこにかかっているSEEKERのボストンバッグには仕切りが付いていて靴を収納できる仕様になってるんです。バッグってオシャレに持つことも需要ですけど、道具としての機能も重要ですよ!

三宅:確かに!ファッションの仕事だとコーディネートもたくさん必要になってくるしね。容量と機能性も重要だね。

第1位はロングウォレット!

【グラデーションカウレザーラウンドロングウォレット】SKW-014400 ¥17,800(税抜)

SEEKER シーカー BILAYER カウレザー グラデーション ラウンド ロングウォレット
SKW-014400-CAM
¥17,800(税抜)
グラデーションカウレザーラウンドロングウォレット
縦:9.8cm 横:20cm 厚み:3cm

三宅・徳:また一緒だ!結局そうなっちゃうよね(笑)

:革の上に加工して光沢を出してるんですけど、使い込んでいくうちに経年変化が楽しめるんです。加工が徐々に剥がれていって艶が出てくるんですよ。三宅さんがコレをもらったと仮定して、嬉しいポイントってどういうところですか?

三宅:容量だね!これ、カード何枚入るの、ってビックリするくらいのさ。あと、長財布って基本的にはバッグの中にあるからさ、それが1年の節目で新しいものに変わっていくっていうのは気が引き締まっていいよね。作り手側からはどんな理由で1位にしたの?

:三宅さんも容量の大きさに関して触れてくれたんですけど、これ、カードが24枚入るんですよ。トレンドがコンパクトになってるって言いましたけど、カードって結局たくさん持ってしまってるんですよ。お店によってポイントカードがあったりするじゃないですか。だから容量ってどうしても必要になってくるんですよね。メインのカード収納とは別にサブ収納部分があって、そこはマチをつけてるのでカードの取り出しがしやすい仕様になってます。小さいことですけど、普段使いには結構ありがたいポイントだったりするんですよね。あとは領収書です。フリーランスの人は領収書のボリュームが大きくなっちゃうんですけど、そういう人に対応できるくらいの大容量です。

男性へのプレセントを選ぶ女性へ、
三宅と徳さんからのアドバイス

三宅:相手に合わせるだけじゃなくて、自分の主観が入ってるものを貰えるのってすごく嬉しいよ。あと、自分のことを考えてくれてるな、っていうポイントを感じることができれば本当に嬉しいよね。例えば、いつも黒のものばっかりだから今回買った財布はネイビーにしてみたよ、っていうのはすごし新鮮だし、もらって嬉しいよね。相手のことを考えてくれてるじゃん。

:じゃあ、三宅さんがプレゼントをするときに考えてることってありますか?

三宅:そこはすごい保守的(笑)。女性には欲しいものを直接聞いちゃうね。

:じゃあ、女の子も相手に聞いたほうがいんじゃないですか?(笑)

三宅:もちろん聞いてくれてもいいよ!けど、一生懸命考えてくれてる、って感じることのほうが嬉しくない?

:なるほど、確かにそうですね。けど、商品別でいうと、クリスマスに贈るプレゼントって財布って多くないですか?洋服だとサイズがあるし、気にいる気にいらないの基準が客観だとわかりにくいじゃないですか。だからアクセサリーとか、財布ってクリスマスプレゼントにぴったりだと思うんですよね。

三宅:確かにね。普段から女性がどういう基準で財布やバッグを見てるかわからないけど、男性って今日はジャケットを探すぞ、っていう気で街に出ることはあっても、今日はバッグを探すぞ!財布を探すぞ!って気で出かけることってまず無くない?

:その通りです!

三宅:財布やバッグってその時のインスピレーションに任せてしまうことがほとんどだから、基本的に衝動買いになるんだよね。だから財布やバッグのプレゼントって嬉しいよね。買い換えるきっかけが自分でコントロールできないからさ。自分のことを考えてくれた財布やバッグのプレゼントって、男性はみんな喜ぶと思うな。

:結果的にプレゼントは女子目線で大丈夫、ってことですね!プレゼントだからって男っぽいものを選びがちだと思うんですけど、結局プレゼントする側のセンスが入ってないとイヤじゃないですか。SEEKERは女の子が素直に喜んでくれるようなアイテムも揃えていて、自分もそういう観点、男性も女性もいいと思えるようなモノ作りをしてるつもりです。プレゼントに迷ったときはぜひSEEKERを一度見てみてください!

三宅:今年って本当に色々あったよね。元号が変わり、災害があり、首里城が燃えたり、すごい時代が流れた年だと思うんだよ。こういう時期に持ち物を変えて心機一転、っていう姿勢は本当に大切だと思うからプレゼントでもいいし、それがなければ自分で買ってもいいと思うから、みなさんには自分の持ち物を見つめなおして新しい年をいい気を持って迎えて欲しいと思います。ご覧のみなさま、今年も大変お世話になり、かつ応援していただきありがとうございました!みなさま、良い年をお迎えください!

結論、クリスマスは相手のことを考えて贈れば男性諸君はみんな嬉しい、ってことですね。
SEEKERは男性のモノ心をくすぐるものばっかりなのでおすすめです!

以上で今年のスペシャルインタビューは終了!
みなさまの温かい応援、誠にありがとうございました。
来年も引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします!