A blendsディレクター三宅敬が今、1番気になってる人、洗濯ブラザーズにインタビュー。
ファッション業界でもっとも支持を得ている衣料用洗剤と言っても過言ではない【リブレ ヨコハマ】。
その洗剤もさることながら、洗い方や干し方など、全国を飛び回り日夜洗濯の研究をおこない、人々に正しい衣類の洗い方を啓発しています。
洋服を長く着ることができるリブレ ヨコハマの正体とは?そして、正しい洗い方は!?
最終回の今回は


・ファッションスタイリストが唸る洗剤【リブレ ヨコハマ】
・日々のケアをしっかりしてれば漂白剤はいらない
・実は液体よりも粉洗剤のほうが洗浄力が高い!
・洋服を長く美しく保つために重要なのは“初洗い”
・天日干しよりも部屋干しのほうが好ましい!?
・50代オジさまの悩み。加齢臭がついた洋服は他のものと一緒に洗っても大丈夫?
・二層式洗濯機最強説


について語っていただきました。
眼からウロコの話多数!ぜひお楽しみください。

A blendsとは…?

「国・人・文化・トレンド・カラー・素材・アイテムを、 フィーリングやタイミングで程よくBLENDした集合体の(A=AND)融和」をコンセプトとし、40代から50代のかっこいいおじさん──「イケおじ」のリアルを、三宅敬が考える「今着たいモノ」「これから着たいモノ」「この先ずっと着たいモノ」をメインアイテムに提案するファッションブランド。

三宅 敬(みやけ たかし)

1967年2月生まれ神奈川県川崎市出身。20歳でモデルデビュー。その後、約3年間アメリカ ニューヨークに留学し、アメリカ西海岸で古着の買い付けなどを経験。 33歳からは約10年にわたりインテリアショップ『モダニカ』にてマネージャーとして務め、 ミッドセンチュリー家具の造詣を深めた。 現在は事務所兼ショップ『58』にて、読谷山焼「北窯」の製品を販売。そのほかに自身のリメイクブランド「サードハンズ」をデザイン。2019年1月18日より、自身がクリエイティブディレクターとして立ち上げるブランド『A blends』を、満を持して展開する。

洗濯ブラザーズ

シルク・ドゥ・ソレイユ舞台衣装を始め、国内外のアーティストが着るライブ衣装のクリーニングを手がけ、横浜に拠点を置くクリーニング店「リブレ ヨコハマ」。
兄弟で自らを#洗濯ブラザーズと名乗り、洋服を愛する人に、自宅でできる正しいセンタクノシカタを横浜から世界へ日々発信中!!

instagram_logo

vol.2

長男:僕たちは、自分たちはナチュラルですよ、ってことをあんまり謳ってないんです。そういうことよりも、自分たちの洋服が長く使えるようになることを謳うほうがわかりやすいんです。洋服を長く着るっていうのはどういうことかというと、縮みが少なかったり、色が抜けづらかったり、とかですよね。そうなると洗剤だけじゃなくて洗い方も大事になってきます。正しい使い方と洗い方でリブレ ヨコハマを使っていくうちに、この洗剤って実はナチュラルじゃん、ってなってくれると一番いいですね。

次男:ナチュラル、オーガニック、って最初に謳ってしまうと宗教のような感じになるのがイヤで。ファッション関係者、スタイリストさんとかに使ってもらいたいんです。実際、自分たちは色々なスタイリストさんに会う機会があって、アーティストさんのツアーでリブレ ヨコハマをどういうふうに使ったらいいのか、とかよく相談されるんです。

三宅:前回、スタイリストの橋本敦くんに出てもらったんだけど、相当興味持ってたよ!ぜひ会わせてください、って(笑)。アーティストの衣装の洗濯って本当に大変だと思うよ。ドーランとか、ファンデーションとかが汗と一緒に服に付くわけだから。普通に洗っても取れないんだもん。

次男:そうなんですよ。リブレ ヨコハマが出来るまでは納期に間に合わせるために夜中回ってもまだ作業をしていたんですよ。顧客さんに納得してもらうためには汚れ落ちももちろんですが、スピードも重要ですし。ある日、スタイリストさんからある有名ミュージシャン衣装のデニムのドライクリーニングを依頼されたことがありまして。水洗いだと色が落ちちゃったり、縮んだりするんですよ。だから毎回ドライクリーニングに出してたらしいので臭かったんです。ドライクリーニングだから汗なんかがしっかり取れてないんですよね。だからデニム用リブレ ヨコハマで洗ってキレイにしたんですね。そしたら2日後くらいにスタイリストさんから電話がかかってきて、デニムってどうやって洗ってくれたんですか?、って。最初は縮んじゃったかな、って思ったんですけど、匂いがいつもと違うんですけど洗いました?、って。洗いましたよー、って答えました(笑)。さすがはスタイリストさんで、あの時間だと水洗いだと絶対乾かないはずなんですけど、って言われたので自分たちの洗い方や乾かし方なんかを丁寧に説明したんです。そうしたら感動されていて。今まで諦めてたらしいんですよ。アーティストさん自身も我慢していたみたいで。こういう事を説明してもわかってくれる人って少ないんですけどね(笑)。

長男:洗剤だけじゃなくて洗い方も重要なんですよ。

三宅:なるほど。じゃあ、漂白剤ってどうなの?

次男:漂白剤は色に対してのアプローチなので、どうやっても素材を傷めちゃいます。自分たちが漂白剤を使うのは最終手段です。毎回漂白剤を使用して菌を死滅させるっていうことはできますけど、それをすると例えばワイシャツなんかは半年でボロボロになります。通常の洗濯洗剤だと落ちない汚れがあるから漂白剤に頼るんですけど、僕たちの洗剤を使って洗い方もちゃんとしていれば落ちない汚れはそうそう無いので、漂白剤に頼ることはまず無いと思います。部屋干しして臭うということもまずありません。

三宅:でもよく聞くのが、酸素系漂白剤を毎回使って洗濯してるって話。匂いや殺菌力に気を使ってるんだろうけど、どんどん色落ちするんじゃない?って余計な心配してるんですけど、色落ちしますよね?

長男:漂白剤を使うってことは要は色を剥がすってことなんです。だから色は落ちるし、剥がす際に素材を傷めてしまいます。

次男:酸素系漂白剤って環境に対して害がないもの、と認識されている方が多いのでよく使われてるんだと思います。

長男:去年からSNSでよく見るのが「オキシ漬け」。これをすると真っ白になるんですよ。

次男:どうしてもカビが気になるところ、例えば浴槽とかはオキシ漬けしてもいいと思うんですけど、洋服でこのアプローチを毎回してしまうとボロボロになっちゃいます。先ほども言いましたが、漂白剤は最終的な手段です。洋服を毎日しっかり管理して、毎回の洗濯で汚れをしっかり落とすことが重要です。これができていればオキシ漬けが必要なレベルまで汚れるということはまず無いはず。毎回オキシ漬けをする人は洗脳されちゃってると思うんです。菌がちょっとでも残ってるからオキシ漬けしなきゃ、という感じで。

三宅:白のTシャツでオキシ漬けをしてる画をどこかで見たんだけど、これ、元の白よりも白くなってない!?ってビックリしたんだよ。ちょっと青白いというか。本来の木綿って生成だから白Tシャツって、漂白して白になってるわけじゃない。それより白くなってるわけだから相当強力なんだな、って。

次男:粉の洗剤には基本的に蛍光増白剤が入ってるんです。だからより白く見せたい人は今でも粉洗剤使ってる人が多いですし、クリーニング店でも蛍光増白剤入りの洗剤を使ってるお店はまだ多いですね。

三宅:ということは、液体の洗剤よりも粉の洗剤のほうが強いってこと?

長男:そうなんです。洗浄力は粉のほうが高いんです。

次男:日本は常温で洗濯するので冬場の全自動洗濯機は粉だと使いづらいですよね。だから液体の洗剤が流行ったってだけで、汚れを落とす力が強いのは粉ですね。昔から二層式洗濯機を使っている高齢の方なんかは粉のほうが汚れが落ちることを知ってるので今でも粉洗剤を好んで使ってる人は多いです。

三宅:アメリカは粉洗剤が主流かも。

次男:アメリカは日本の洗濯機と違ってお湯で洗う機能がついているので粉でも使えるんです。海外はボルトの数値が高いので水の温度を上げるのもあっと言う間です。日本は最新式でもそうはいかないんですね。

三宅:僕は洗濯で1番気にしてるのが色落ちだから、色が落ちないって洗剤はありがたいね。

次男:色落ちは洗剤選びでだいぶ変わってきます。洗浄力と色落ちは比例します。だから色落ちさせたくないということであれば素材に優しい中性洗剤がオススメです。あと、黒やネイビーみたいな色が濃いものに関しては購入してから数回までは手洗いをする、ということも重要です。物理的アクションが色落ちに影響してくるんです。リブレ ヨコハマの手洗いだと洗濯回数が20回程度だったら新品とほぼ変わらない風合いを保つことができます。テストをしたときに色んな方がビックリされてましたね(笑)。これ、本当洗った?って。

三宅:そういう物理的ダメージがあるからオシャレ着はあまり洗わない、っていう人も多いと思うんだよね。

次男:洗う回数はアイテムによって異なると思います。例えばアウターは着るごとに洗う必要は無いと思います。けど、シャツなどの直接皮膚に触れる服は着るたびに皮脂や汗が付着して汚れが蓄積されていきます。それをそのままにしておくとそれはそれで傷んでしまうし、物理的アプローチで汚れを落とすこともダメージになるんです。だから、リブレ ヨコハマは汚れを落とすけど、洋服のダメージを最大限抑えるようにしています。洋服って初洗いするときのダメージがその後の洋服の持ちに大きく影響するんです。洋服を長持ちさせる1番最初のポイントは初洗いです。

三宅:これは個人的なことになるんだけど、買ったばかりの洋服って着たくないのよ。汗とか吸ってくれなさそうだし、着心地良くないし。だから、自分は買ったらまず洗うんだけど、ここでのケアが洋服を長持ちさせるためには1番大事ってことね。

長男:そうなんです。初洗いを如何にデリケートにできるかは、その後の洋服の寿命に大きく関わってくるのでとても重要です。

次男:デニムは特にですね。初洗いをデリケートに扱うだけでその後の色落ちや縮みが全然変わってきます。

三宅:そうなんだ…。初洗いがそんなに重要と考えたことが無かったから今までは買ったらすぐ洗濯機に入れて洗ってた…。これからは手洗いしなきゃね。

長男:日本人は「洗う」ということに関して、欧米人に比べてとてもこだわりを持ってる人種です。海外の有名な洗剤を卸している地域はアジアの比率がとても大きいんです。国内だと京都のセンスがすごく良いんです。日本人が洗ってた服は元々は着物ですしね。僕たちはポップアップなんかで全国を行脚してるんですけど、その土地その土地でどんな洗濯をしてるか聞くんです。それでお客さんに色々アドバイスさせていただくんですけど、京都の人たちはアドバイスをすると「それ、もうやってます」っていう人が他県に比べて格段に多いです。代々、着物を洗ってるので如何に色落ちさせないかとか、生地を傷めないか、っていうのがわかってるんですよね。手洗い文化がしっかり浸透している地域です。地域で洗濯に対する考え方ややり方が違うんで面白いですよ。

次男:例えば鹿児島だと基本的に部屋干しです。桜島の火山灰の影響ですね。灰の粒子ってすごく細かいので生地の組織の奥に入りこんじゃうんです。これがとても厄介なので洗濯物は外に干さないんです。部屋干し環境を整えないといけないので、鹿児島仕様の洗剤なんかが作れるといいな、って思ってます。こういう各地域の洗濯事情を知りたくて今、全国を回ってるところなんですよ。

三宅:部屋干しってやっぱり良くないの?

次男:いえ、実は僕たちは部屋干しを推奨してます。天日は洋服についた菌を死滅させたりできるのでいいんですが、それは20年くらい前の話で、今は紫外線が強すぎて洋服を傷める恐れがあるんです。紫外線って菌に対しても強いんですけど、同時に生地にダメージを与えてしまうんです。だから部屋干しが1番洋服にダメージを与えることなく乾かせます。屋外で干すのであれば屋根付きの日陰で干すのがオススメです。乾燥させるには湿度の管理と熱、あと風の3つの要素が重要になってくるんですけど、その中でも除湿が1番重要です。だから鹿児島の人にどういう干し方をしているか聞くと、除湿機2台使って干してます、っていう人がいたり、理にかなった干し方をされてる方がほとんどでした。干し方でも地域性って色濃く出るんですよ。

三宅:これも今回聞いてみたいって思ってたことで、洗濯物ってどれくらい乾かせばいいの?というのも、バスタオルっていくら天日干ししても雑巾みたいな、雑菌がいる臭いになることがあって。

次男:まず、乾燥機を使えばそういう臭いは防げます。けど、そういう環境がない場合は5時間以内に乾かすことが重要です。梅雨時期はもっと短い時間で乾かす事が重要です。何故かというと、梅雨時期は湿度が高いため短い時間で乾かさないと湿気がまた衣服について臭いの元になってしまうんです。おまけにその湿度のせいでいつもより強い臭いを放つ菌が空気中に漂ってるんです。だから梅雨時期は短時間で乾かすことが大切です。けど、短時間で乾かすのは梅雨時期は難しいので、そういう時は風を当てると菌の付着が防げます。ご家庭で出来ることは扇風機やサーキュレーターで乾かす衣服に風を当てながら乾燥させることです。あとは除湿。洗濯上手になるには洗濯機に高価なものを買うんじゃなくて、洗濯機は安いものでいいので、いい除湿機を買ってください。それが洗濯上手になる近道です。

三宅:なるほどー。

次男:乾かし方でよく間違えるのが浴室乾燥機の使い方です。浴室乾燥機ってカビの温床なんです。だからこれを使うことによってカビ菌を撒き散らしてることになるんです。浴室乾燥機を使うことはオススメできません。使うなら送風機能だけにしてください。ちゃんとメンテナンスしてれば話は別ですけど手間がかかりますし、メンテナンスしてない人が大半だと思うのでオススメできません。そのメンテナンスも業者さんがやるくらいのクオリティが必要です。素人がやると壊れちゃうので気をつけてください。

三宅:なるほどなるほど。知らないことばかりで本当に勉強になる!

次男:今までの洗濯では洗剤使って、柔軟剤使って、漂白剤使ってっていうプロセスが必要だったんですけど、リブレ ヨコハマは1ショットでこのプロセスが済んじゃうっていう、主婦に優しい洗剤です。

三宅:そうだよね。自分も前から使わせてもらってるけど、洗濯が一気に楽になったよ。ファッション業界の人たちの目に止まったのは必然だよね。業界の人たちってこだわりが強い。洋服も長く使いたいって思うし。そこの需要にズバリハマってる。これからもどんどん広がりを見せそうな気がするね。女性が考える洋服は消耗品の場合が多いけど、男性は違う。できるだけ長く着たいって思いが強いから洗い方や干し方に並々ならぬこだわりを持ってたりするから、この洗剤は男性にもウケそう。

長男:男の人のこだわりって本当に強いですよ(笑)。こないだ、広島でイベントをやったとき、いつもは主婦が多いんですけど、その時は8割が20代の男性でしたから。けど、普通は女性のほうが多いですよ。

三宅:ファッションに関わってる人間だと男性のほうがこだわりをもって洗濯してる人が多いかもしれないけど、一般的には女性が洗濯するほうが多いだろうからね。そういった主婦の味方だね、リブレ ヨコハマは。ファッションに携わってない男性でここまでこだわる人なんてほとんどいないだろうからね。洗濯に手も触れない男性も多いだろうし。けど、主婦の人たちは旦那の洋服は長持ちさせたいはずだしね。

次男:イベントで説明するときにまず皆さんに言うのが、洗濯槽をキレイにしましょう、ということ。夫婦でイベントに参加くださる方が多いので、この洗濯槽をキレイにする作業は旦那さんが担当してみてはどうでしょうか?って説明します。三宅さんが言うように、洗濯には一切関わらない男性もいますから、洗濯槽の汚れを取るのは旦那さんがしてください、と。

長男:男性にも洗濯を啓発していきたいので、この対談がきっかけになって男の人も洗濯に興味を持ってほしいです。今後もA blendsと色々やっていきたいです。

三宅:実際にどう洗ったらいいかとか、中目黒のこのお店でやりたいね。洗濯実践。今回の対談で自分の考えが間違ってた部分もあったから、世の中の人も知らない洗濯のやり方ってきっといっぱいあるはずなんだよ。デニムだったら万人が使う洋服なんだし、これはみんなが役立つ情報だと思うんだよね。

次男:ワークショップイベントは確認のためのイベントですね。自分たちは今までこうやってきたけど合ってるのかな?とか、疑問に思ってる人たちって多いんですよ。そういう人たちが参加されたら、帰りには悩みがスッキリしてる方々がほとんどです。洗濯に少しでも疑問を持っている方にはぜひ参加していただきたいです。

三宅:最後に聞きたいこと。50代の男性って加齢臭があったりするじゃない?そういう場合、分けて洗濯するほうがいいの?

次男:まずはじめに断っておきたいのが、加齢臭と体臭(ワキガなど)は性質が全然違うので分けて考えてください。加齢臭は大抵の場合、洗うと落ちるものがほとんどなので分けて洗うことに意味はありません。しかし、体臭などで洗っても落ちない臭いの場合は分けて洗ってください。体臭の場合は菌が原因なので他の衣類に移っちゃうんです。だから加齢臭だけならば、奥さんの理解があれば一緒に洗ってもらってください(笑)。あとは汚れが強いものとそうでないものは分けて洗ったほうが好ましいです。

三宅:色々聞けて本当に勉強になったよ、ありがとう!まだまだたくさん聞きたいことがあるので、定期的に色々と教えてください。次は実際に洗いましょう!これはスタイリストのあっちゃん(橋本敦氏)呼ばないとね(笑)

長男:ぜひ!これから色々企画しましょう!

次男:じゃあ次は洗濯機持ってきますね。ちょっとレトロな洗濯機ですけど。二層式洗濯機なので。

三宅:洗濯機って何を選べばいいの?

次男:ほとんどのクリーニング店で使ってるのは二層式洗濯機です。これに敵う洗濯機は無いですね。唯一、ドイツのMieleの洗濯機は構造が違うのでいいですよ。洋服を守ってくれる、世界で唯一の洗濯機だと思います。二層式洗濯機はドラムの洗濯槽じゃないのでカビて臭くなることがまず無いんです。全自動洗濯機は層が2つあるんですけど、二層式洗濯機は1層なんですよ。だからカビないんです。

三宅:なるほどー。やっぱりそうだったんだ。全自動洗濯機は楽になるための機能がついただけで、本当は二層式洗濯機のほうがいいと思ってたんだよ。じゃあ、今度は洗っちゃおう!!

次回は実践!?これからの洗濯ブラザーズと三宅の取り組みをお楽しみに!