vol.3

A blendsディレクター三宅敬とも親交が深いスタイリスト橋本敦氏を招いて、今、気になることをインタビュー。
前回は橋本さんのスタイリストへの成り立ちから仕事に対しての取り組み方など、橋本さんの人間性について聞くことができました。
今回は朝の洋服選び、スタイリングに対するアプローチの仕方、自分に合う洋服ってどんなもの?、など日常生活に取り入れやすいファッションのテクニックを語っていただいています。
ぜひご参考に!

A blendsとは…?

「国・人・文化・トレンド・カラー・素材・アイテムを、 フィーリングやタイミングで程よくBLENDした集合体の(A=AND)融和」をコンセプトとし、40代から50代のかっこいいおじさん──「イケおじ」のリアルを、三宅敬が考える「今着たいモノ」「これから着たいモノ」「この先ずっと着たいモノ」をメインアイテムに提案するファッションブランド。

三宅 敬(みやけ たかし)

1967年2月生まれ神奈川県川崎市出身。20歳でモデルデビュー。その後、約3年間アメリカ ニューヨークに留学し、アメリカ西海岸で古着の買い付けなどを経験。 33歳からは約10年にわたりインテリアショップ『モダニカ』にてマネージャーとして務め、 ミッドセンチュリー家具の造詣を深めた。 現在は事務所兼ショップ『58』にて、読谷山焼「北窯」の製品を販売。そのほかに自身のリメイクブランド「サードハンズ」をデザイン。2019年1月18日より、自身がクリエイティブディレクターとして立ち上げるブランド『A blends』を、満を持して展開する。

橋本 敦(はしもと あつし)

1977年1月生まれ東京都出身。三田真一氏に師事。
1999年に独立後スタイリストとして活動をはじめる。ファッション誌・広告・ミュージシャン、俳優のスタイリングや衣装製作など多岐にわたるジャンルで活躍中。アパレルのブランディングアドバイザーやコンサルティングも手掛ける。オフは趣味のロングボードやゴルフ、スポーツ観戦など。

Vol.3 朝の洋服選びと日常着へのこだわり

~仕事のルーティンの上では作業着的な感覚なので朝の服選びに迷いはありません。毎日欠かさずアイロンがけします。Tシャツにも(笑)。日常着は買いだめしてます~

三宅:あっちゃん、毎日の洋服選びってどうしてるの?

橋本:その日の洋服を決めるのは早いですよ。クローゼットの中はある程度整理してます。大体ですが、そのシーズンに着る物が手前に掛けてある感じですね。日常的に着用頻度の高い物は別のラックに掛けてます。

三宅:それじゃあ、今シーズンはこのテーマでいくよ、っていう内容のものがその別のラックに掛かっているっていうこと?

橋本:そんな大袈裟な話ではないですよ(笑)。その日リースかな、打ち合わせかなとか、、、予定に何があるかによって着分けてるくらいです。シーズン毎に自分の中でなんとなく流行りがあるので「今日何着よう?」みたいに悩むことはほとんどないですね。ただ、たまに着たいなと思って購入したものの、着こなせなくて出番がなく終わることもありますが(苦笑)。何故だか最近は黒が多いです。7〜8年くらい前まではほとんど黒を着ることはなかったんですけど。

三宅:そうだよね。昔は黒ってイメージはまったくなかったもん。

橋本:ホント何故ですかね、気づいたら黒だらけになってました(笑)。もう6年くらい経つのかなぁ、アシスタントをつけず一人で仕事をやるようになった頃のような気がします。僕はスタイリングする時に、自分の体をベースにサイズ感やバランスを考えるので、その時にシンプルな配色というか邪魔しない色を着ることが多くなったからかもしれません。帽子を被ることが多くなったのも、1日に脱ぎ着することが結構あるので髪が崩れるのを気にしないでいいからだと思います。仕事のやりやすさから自然と合理的にそうしているのだと思います。
いろいろ考えてそうで、そんなに考えてないんだと思いますよ(笑)。ずっと変わらないのは、朝のアイロン掛けは毎日していますよ。

三宅:えっ!?朝に??

橋本:はい、ほぼ毎日(笑)。朝早い日は前の日に済ませてラックに掛けておきます。いつもは朝決めてパッとかけます。「Tシャツにアイロン」話をするとよく驚かれることがあるのですが、自分としては驚かれる方が意外です(笑)。帰ったらまずハンギング、というのは自分には普通の習慣です。パンツもワークパンツやスラックスでもプレスが効いている方が好きなので決まったハンガーでウエストではなく、裾を挟んで掛けています。パンツの重みでプレスの持ちがよくなりますよ。ちなみにハンガーは、「MAWAハンガー」の「ズボンツリ」を使っています。

三宅:やっぱりスタイリストの人って洋服のあらゆる部分に気を使ってるよね、すごい!ボトムスハンガーの使い方は目からウロコだったなー。自分もやってみようかな!ちなみにそのラックにかからなくなってあぶれていった古い服ってどうしてんの?

橋本:古い服ですか、、、大体は、人にあげる、着倒して処分、依頼があればフリマに提供とか、そんな感じです。気づいたら、ほとんど古い服はなくなっているような気がします。もちろん古着や、ずっと着れそうなものはクローゼットにしまってあります、あとはいつか息子達に着せたいなっていう服は一部残してたり。

三宅:なるほどねー。あっちゃん、使っている服にこだわりって絶対あるでしょ?

橋本:三宅さんこそ結構なこだわりありそうですよね(笑)。僕はTシャツなどの日常着やアンダーウェアなどのカジュアルものは、一度自分の中で定番になるとよっぽどのコトがないと変わらないです。ここ最近Tシャツは、ビューティー&ユース別注のヘインズのパックTが気に入っています。タンクトップも海外行った際にヘインズかフルーツ・オブ・ザ・ルームのパックをまとめて買って来て、それを乾燥機で詰めてから着ています。シーズン毎にクタったら捨てて新調しての繰り返しです。ドレスを着るときのチョイスはまた違います。今季はオーラリーのカットソーで気に入った型があり複数枚黒と白で買いました。毎シーズン若干シルエットが変わるのですが、自分にフィット感が合う型が多いので最近着てるカットソーの大半がここのかも(笑)。最近特に夏場の仕事の時は、Tシャツ一枚になることも多いので形が気に入ると同じものを制服のように着てます。

三宅:その感覚、なんだかわかる。それって安心感があったりするんじゃない?

橋本:「安心感」確かにそうですね!日々「仕事のルーティン」の上では、制服的に着るのは悩むことがないので気楽なのかもしれないです、作業着的な感覚に近いかも。もちろん現場着だけにならないように、ある程度のTPOはわきまえつつ。

三宅:ちょっと話がそれるんだけど、業界内の知人にあるところのデニムをすごい勧められたのね。1本¥3000くらいなんだけど、それがすごいいいって言われてさ。メゾンのデニムと変わんないよって。手頃な値段だからそれで2本買って、1本は裾を切らずにそのまま、もう1本は裾直しをして。そしたらすごい良くてさ!あっちゃん、知ってる?形がキレイすぎてビックリしたんだよ。

橋本:それ、多分僕も持ってます(笑)。シンプルなホワイトデニムで細身の形を出しているところってあまりなくて。

三宅:ホワイトかー。今、自分はホワイトを穿く勇気ないなー(笑)

橋本:自分も苦手意識あったんですが、なんとなく気分的に久々に履いてみたく買ってみました。シルエットはそのままでも全然悪くはなかったんですが、もうちょい攻めたいなとシルエットをカスタムしました。ただ妻には大不評で(笑)。結果着ることなく何処に行ったのやら、です。

三宅:バブルっぽいって言ったらいいのかな、自分が穿いたらそんな感じが出ちゃうんだよね。

橋本:なるほど(笑)。三宅さんは整ったキレイな顔立ちなので尚更そう見えてしまうのかもしれないですよね。
靴のチョイスとかで全然似合うと思いますよ!
僕は新鮮な感じに履けたらと思ったのですが、あまりに不評で(笑)。

三宅:そうなんだねー。やっぱり着る人が着ればファッションって様になるよね。そういう意味で、ブランドの垣根って昔に比べてだいぶ低くなったよね。そう感じない?

橋本:ここ数年よく感じます。以前はあったようなブランドの敷居的なものが低くなったというか、独特のピリッとした空気感でやっているところが少なくなったかもしれないですよね。消費のスピードが早いので、ブランドという看板をどうコントロールしていくのが良いのか難しくなったと感じます。長い目で見にくくなり組み立て辛くなりましたよね。

三宅:代えがきく、って考え方だったら遊びで、同じものをサイズを変えて着こなしも変えるような買い方もできるしね。そういう部分で制服っていう概念はわかりやすいかも。そう考えると自分のコーディネートも制服的な考えのほうが強いかもしれないな。ところで、あっちゃん、40代になってからスタイリングに対する考え方って変わったりしてる?

橋本:スタイリングに対しての考え方がどう変化してきたか?….何だろう、自分のファッションが一番難しいですよね。
最近はジャンルの違う分野の仕事もさせていただくことが増えてきたので、最初の顔合わせの時などある程度TPOは意識しています。普段のテンションは基本変わっていないと思います。年相応に落ち着く、というのとはちょっと違うのですが、まずは窮屈なものはあまり気なくなりましたね。多くは、シンプルでコンフォートであることはマストで、あとはシルエットが好みかは重要です。素材や縫製などは結構見てしまいます。カジュアルもドレスも、キレイに着るのが好みです。キレイ目とよく勘違いされるのですが、そうではなくバランス良くってニュアンスです。三宅さんは、自分が着るとなんでもコンサバ感がでるのが嫌だって言われるじゃないですか。やっぱりニュアンスの入れ方って難しいですか?

三宅:よくわかる、その気持ち!あっちゃんが言うように、自分は何を着てもキレイにまとまっちゃうタイプだからニュアンス入れるのって難しいんだよ。ただ、トレンドを入れるとチャラさが出て今っぽくなりすぎちゃってないか、って思うことがあるんだけど、そうはなってないことに最近になって気づいた。全身ストリートにすると絶対変になっちゃうんだけど。所々に入れるだけだと実はそう見えないんだってのがわかったんだよ。最初はそれでさえ抵抗はあったけどね。それに気づいたらファッションがまた広がって見えたんだよ。それってすごく楽しいんだよね。

橋本:最近の三宅さんのファッション、ちょっと前から変わってきたような気がしていたんですよ(笑)。あと、いつも気になっていることがひとつあるんです。それが靴。僕自身が靴好きなので、三宅さんが履いている靴っていつも気になるんですよねー。

三宅:そうなの?(笑)

撮影協力
BRICK&MORTAR 中目黒店

旬のアイデアを、新鮮なまま伝える場所。
BRICK & MORTAR 中目黒店は、新鮮なものを、自由に、そして柔軟に伝えていく場所。
旬の食材だけを届ける八百屋や、特集によって内容が変わるメディアのように、
今作りたいものを作り、すぐに届けるインディペンデント・ショップです。
ときには本屋になったり、アトリエやギャラリーにもなる。
訪れるたびに変わっていくBRICK & MORTARをお楽しみください。

 

OPEN
12:00~20:00
不定期オープン/イベント内容により異なります。
※詳しくは、NEWSをご確認ください

ADRESS
153-0061
東京都目黒区中目黒1-4-4

TEL/FAX
03 6303 3300

E-MAIL
info@brickandmortar.jp