vol.2

A blendsディレクター三宅敬とも親交が深いスタイリスト橋本敦氏を招いて、今、気になることを全4回のインタビュー。
アナログからデジタルへの変革はスタイリストの仕事をガラッと変え、その激動の時代を生き抜いてきた人生経験はなかなか他では知り得ないところ。
事前に質問を準備していたものの途中何度も脱線し、その魅力的な人生経験からくる貴重な体験談や人生観などを聞くことができました。
もちろん、現代のファッションや50代のオジサマがマネできるであろうコーディネート術など、お手本が盛りだくさん!ファッション好きなあなたには所々に懐かしいワードも出てきますよ。
今後、連載が決定!?表現力豊かな橋本さんのコメントは必見です!ぜひご覧ください。

A blendsとは…?

「国・人・文化・トレンド・カラー・素材・アイテムを、 フィーリングやタイミングで程よくBLENDした集合体の(A=AND)融和」をコンセプトとし、40代から50代のかっこいいおじさん──「イケおじ」のリアルを、三宅敬が考える「今着たいモノ」「これから着たいモノ」「この先ずっと着たいモノ」をメインアイテムに提案するファッションブランド。

三宅 敬(みやけ たかし)

1967年2月生まれ神奈川県川崎市出身。20歳でモデルデビュー。その後、約3年間アメリカ ニューヨークに留学し、アメリカ西海岸で古着の買い付けなどを経験。 33歳からは約10年にわたりインテリアショップ『モダニカ』にてマネージャーとして務め、 ミッドセンチュリー家具の造詣を深めた。 現在は事務所兼ショップ『58』にて、読谷山焼「北窯」の製品を販売。そのほかに自身のリメイクブランド「サードハンズ」をデザイン。2019年1月18日より、自身がクリエイティブディレクターとして立ち上げるブランド『A blends』を、満を持して展開する。

橋本 敦(はしもと あつし)

1977年1月生まれ東京都出身。三田真一氏に師事。
1999年に独立後スタイリストとして活動をはじめる。ファッション誌・広告・ミュージシャン、俳優のスタイリングや衣装製作など多岐にわたるジャンルで活躍中。アパレルのブランディングアドバイザーやコンサルティングも手掛ける。オフは趣味のロングボードやゴルフ、スポーツ観戦など。

Vol.2 スタイリスト・橋本敦ができるまでと

40代に入ってから感じる自分の変化

~20代はただがむしゃらだった。今でも変わらないのは遅刻をしない、楽をしようと思わないこと~

三宅:よし、それじゃ今の話の流れで20代、30代、40代それぞれの変化と言うか、その話題にいこうか!

橋本:20代はがむしゃらでした。がむしゃらな記憶しかない…例えるなら無呼吸状態に近いというか(笑)。ひとつのことを作り上げることに対しての作業量が今とは段違いに多かった。別に昔はこうだったけど今はこう、というように比較をするわけではなくて、風潮や社会自体が変わっているしツールも成長しているから今とまったく違うのは当たり前。やり方や考え方、価値観が全然違う。まぁ、当時はとにかくがむしゃらに仕事に向き合っていたのが20代だったように思います。実際はバタ足だったんだけど、そうは悟られないようにしていた気がします(笑)

三宅:仕事の取り組みかたって、20代、30代、40代で違った?

橋本:昔から変わらないのは日々時間を守ることかなぁ。遅刻をしないとか当たり前のこと。あとは期限まで時間がタイトな案件でも、どうにか1拍置く余裕を作るようにしています。取り組み方ですよねぇ、何だろ…、1度遠回りしたところから考えることが多いかもしれないです。うまく言えないけど楽をしようと思わないというか。
基本、自分を不器用だと思っているのでその方が整理できるし、見落としが少なくなると思ってます。
20代から40代にかけて感じることは、効率が格段に良くなったということ。それは携帯電話をはじめとするツールの発達が大きいですね。20代のときは常に足を使って確認してって作業でしたから。
例えば、ラフ(※1)を作る際にリサーチの写真をポラロイドで撮って来て提出して確認っていうのは、今考えるとなかなかすごい作業ボリュームでしたね。撮ってきた資料写真をまとめて、そこで初めてラフが完成するから無くてはならないし、当時は何の疑問もなくやっていましたが、改めて振り返るとすべてがアナログ作業でした。もちろん今でもアナログな作業はありますが、デジタル化したことで情報や画像のやりとりがスムーズになったので作業量は格段にコンパクトに、そしてスピーディーになって効率がアップしました。

※1 雑誌の内容を構成をする下書きのこと

三宅:そうだった、当時はスタイリストの荷物ってすごかったもん、いつも。

橋本:当時のスタイリストは厳しく自分を追い込める人じゃなかったら出来なかったんじゃないかな。
最近は発信する術も様々で、速度感も早いし感覚的に自由な表現が普通にできるようになって、情報量の多さもあってか、あまり責任云々を問われにくい環境になってきたように感じる。
ただ当時は誌面を作ってページ単価をもらうというのは、思いつきや感覚だけではやれない、やり直しがきかない分責任も大きかった、そこの意図を汲めない人は求められてなかったように思うし、そう感じてました。感覚的でありたいと思っていたのと併走して、きちんとやらなきゃって考え方が同時に走っていたように思います。

三宅:当時はどんなファッションをしてたの?

橋本:自己主張強めだったかと(笑)。まずは自分を覚えてもらおうとヘアスタイルやファッションで存在感を出していた節があったような…。けど、それをどんなつもりでしていたのかなどは全く覚えていないし、今理由を聞かれてもよくわからない(笑)。それくらいがむしゃらだったのかも。そのときはイケてるな、と思ってやっていたんでしょうけどね。感覚ってすごい都合よく不思議なもので、当時の何を考えていたかなんてほとんど覚えてないんです。いま振り返ってみるとダサいとは思わないけど、すごいなって思いますね。すごい格好をしてたな、って(笑)。ほんと笑っちゃうことだらけ。

三宅:それ、すごいわかる!

橋本:改めて振り返ると20代から40代になる過程の中で服に対するスタンスは相当変わりましたね。
逆に変わってないのは、自分なりにアンテナを常に張るっていうこと。それはファッションの分野だけに限りませんが、そのアンテナがその時その時のスタンスを作っているように思います。
昨今のファッションに限っていうと情報発信の多様化もありトレンドやブームのコントロールがしづらくなったことでトレンド自体にいろんな選択肢ができて、細かく分散化していったように思う。昔のような圧倒的なトレンドはあまり感じなくなった。その分、爆発的な何かを生み出しづらくなった時代になりましたよね。
自由な発信が出来るようになったことは、とてもポジティブなことだと感じています。

三宅:オレは20代のころはホームランが欲しかったね。けど、社会が多様化する中で色んなものをはがして落としていくと、おれは2塁打を打つくらいでいいんだ、って思うようになってきた。そういう考えに至ると楽になったね。

橋本:うーん、なるほどですね。20代の頃は虚勢をはっていたつもりじゃないですけど、自分をそのまま見せる怖さがあったのかもしれません。実力不足と思われたくなかったというか。その分その頃の自分なりに努力していたとは思っていますが。少し遅いのかもしれないけど、おそらく30代半ばくらいかなぁ、自然体で公私とも向き合えるようになったのは。三宅さんの野球に例えるじゃないですが、2塁打じゃなくても、進塁させたい人がいたら自分がバントする、その場その場の対応力が自然とそうさせている。作品など仕事でゴールがあるなか、自分のポジションを変化させることでスムーズにコトが進めばいいなという感じですかね。これはモデルとスタイリストの違いかもしれないですね。それが20代から40代にかけて自分の中で変化してきたことは、色んなボリュームがつけられるようになっていったことかもしれないです。

三宅:それじゃあ、今。40代はどう?

橋本:自由度が高い世の中で自分には何ができるか、って日々の仕事しながら常に模索しています。立ち位置や表現のやり方って色々変えていっていいんだ、っていう。昔は何でもやっていると“なんでも屋さん”感が出て、スタイリストって枠から外れるとちょっと違う感じがあった。けど先輩方には、人が作ったもので表現するのってイヤだから自分が作るっていうのは自然な流れだよね、っていう人たちがいて。その先輩方は時代の流れを掴むのが上手だったように思う。最近は先輩だけでなく後輩から学ぶことも多いですね。

三宅:そういう時代だったと思うよ、”服”をわかっている人が洋服を作る時代だったしね。それが面白かった。今は枠なんか関係なくて、その考えがA blendsの立ち上げのきっかけになっている。自分はモデルをやりながら沖縄のやちむん(※2)を扱うようになって、当初は周りの支持は薄かった。けど時代が流れるとそれもアリになってきて。今はそんな枠はいくらでも飛び越えればいいんじゃない、って思うんだよ。職業を聞かれたときに、極論だけど、三宅敬です、橋本敦です、っていう感じでいいわけじゃない。そういう世の中になってきたからスタイリスト以外にもやることややれることができて状況が変わったと思うんだけど、それでもこれは変わらないってことはある?

※2 沖縄の陶器。民芸品としての評価が高い。

橋本:芯はブレてないと思っています。仮に何でもやれる状況であっても、自分の中で変化は楽しめても消化出来ないような事をすることはこの先もおそらくないかなぁ。仕事に対するスタンス自体は変わってないと思う。
20代、30代で培った仲間たちが今はそれぞれに「術=スベ」を持っていて、それが今後どんなコト・モノに進化させようかと話すのが楽しいです。こういう場で何かをひらめくことは20代、30代のときより増えている気がしますよね。

三宅:そうそう!だから40代って楽しくない?

橋本:楽しいですよねー!それなりに経験値を重ねているからこそ、物事の判断のタイミングがある程度的確になっていて、その速度感やボリュームの緩急の付け方が身についてきている。恥ずかしながら自分は不器用だったから、そのさじ加減のコントロールは年齢重ねて出来るようになった。若い頃はとにかくやってみる、って動いて結局準備不足で終わることも多々あった、さすがに最近は少なくなったと思いたいです(笑)。自分のアイディアが活きる分野はいろんな経験から理解はしているつもり。だからその分40代になって気づいたことは、自分ひとりではできないな、ってコトが増えました。これからは色んな人をいい意味で巻き込んで、物事を具現化したいと常に考えています。

三宅:自分は30代、40代で人間関係と仕事の助走をつけてきた感じかな。50代になってそれがちゃんと形になって自由にできるようになってきた、って感じだね。その間で色々見極める審美眼が付いて物事の判断が楽になってきた。今でも仕事を一緒に続けている周りの人たちって、ルーツをたどれば若い頃につながることが多い。助走をつけてきた若い頃の結果が今についてきているのはありがたいよね。
若い頃から今まで走ってきて、その結果たどり着いたことがあるんだけど、「常に一軍半であれ」ってこと。エースで4番じゃなくていいから、いつもチャンスを掴む準備と姿勢は整えてなきゃだめだよね。その姿勢があればこれから先もきっと楽しいよ。

橋本:そうなんですね!自分が思っていた40代とは違って全然やりたいことは尽きてない、逆にやりたいことは増えているのかも、まだまだチャレンジしたいことだらけで整理しないといけないです(笑)。誰しもそうだとは思うけど、僕は人生常にポジティブというわけではなかった。けれど、年を重ねてからは出来るだけトライする姿勢を大切にしています。今の場所も大事にしたいし、次の展開も楽しめるように考えていきたい。

撮影協力
BRICK&MORTAR 中目黒店

旬のアイデアを、新鮮なまま伝える場所。
BRICK & MORTAR 中目黒店は、新鮮なものを、自由に、そして柔軟に伝えていく場所。
旬の食材だけを届ける八百屋や、特集によって内容が変わるメディアのように、
今作りたいものを作り、すぐに届けるインディペンデント・ショップです。
ときには本屋になったり、アトリエやギャラリーにもなる。
訪れるたびに変わっていくBRICK & MORTARをお楽しみください。

 

OPEN
12:00~20:00
不定期オープン/イベント内容により異なります。
※詳しくは、NEWSをご確認ください

ADRESS
153-0061
東京都目黒区中目黒1-4-4

TEL/FAX
03 6303 3300

E-MAIL
info@brickandmortar.jp